集計・分析

集計とは

アンケート調査や既存のデータについて、その回答を何%の人が回答したのかを数字で表す作業を言います。

元となるデータ(ローデータ)から回答の割合を導き出す作業です。


分析とは

感覚や勘などで判断することなく、蓄積されたデータや集計結果を元に正しい状況や結果を導き出す作業のことを指します。

また、データや集計結果をさらに解析(各種分析・解析方法)することで精度を高めることも可能です。


①データ入力

アンケート調査などで取得した回答票をPC上に数字・文字入力しデータ化する作業です。

データ化した回答を集計・分析にかけることも可能です。

飲食店などでテーブルにアンケートが置いてありますが、回答を得てもそれをデータ化し、集計しなければ意味を持ちません。

アンケート票、ハガキなどの入力作業のみも受け付けております。

②自由回答処理

アンケート調査などで取得した文字情報をデータ化し集計する作業を言います。

文字で得られた情報をアフターコード(数字化)し、数字化した情報を集計することで回答した内容を%化することが可能です。

意見を文字で読み解くことは重要ですが、文字情報を数字化することで、自由回答を集計にかけることも可能になります。

③集計表作成

データ化した回答を%で数表にする作業です。

質問に対して全体でどのくらいの割合がその回答を選んだのか(単純集計/GT)を基本として、その回答を性別など属性別にみた割合はどれくらいなのか(クロス集計)、と質問に対する回答を%化します。

データを持っているだけでは役には立ちません。そのデータを集計し、さらに全体のうち女性20・30代だけみると何%が回答しているといった、ターゲットに合わせた集計をすることが大事です。

過去に実施した調査の再集計や、集計表の作成のみも受け付けております。

④GISマップ作成

弊社ではesriジャパンの地理情報システムを使用しています。

GIS(ジー アイ エス)とは、Geographic Information System の略称で日本語では地理情報システムと訳されます。

地球上に存在する地物や事象はすべて地理情報と言えますが、これらをコンピューターの地図上に可視化し、情報の関係性、パターン、傾向を導き出すのがGISの大きな役割です。

アンケート回答者の住所データ、顧客情報などから、誰が・どこから・何で といった情報を地図上に表すことが可能です。

⑤報告書作成

集計データや自由回答をグラフ化し、結果や傾向をわかりやすくレポート形式にまとめる作業です。

数字だけで調査結果を表す集計結果をグラフ化することで、データを見やすくわかりやすく可視化します。

また、グラフ化したデータの分析結果を文字で記載し、結果の要点をまとめます。

すべての質問の要約を作成することで、調査全体の結果や傾向を簡潔にまとめることも可能です。

集計データやから報告書の作成のみ、またはグラフ化のみといったピンポイントの作業も受け付けております。

お電話からのお問い合わせ TEL : 03-59069880
メールからのお問い合わせ